| トップ | 浅部地中熱利用マルチ熱供給システム

ENEX2016 & Smart Energy Japan 2016に参加しています

ENEX2016 第40回地球環境とエネルギーの調和展・Smart Energy Japan 2016

日時:2016年1月27日(水)~ 1月29日(金)10:00-17:00

会場:東京ビッグサイト東1・2ホールおよび会議棟

浅部地中熱利用マルチ熱供給システム

地中熱とは? 地中の比較的浅い部分(数10m~200m程度)にある定温の熱エネルギーです。主に冷暖房や給湯、融雪などに利用されます。 地熱とは? 深さ1000mを越える主にマグマ起源の200℃以上の高熱の熱エネルギーです。主に地熱発電などに利用されます。

地中熱利用システムとは

地中熱利用システムでは、温度変化が気温より小さい地中熱を地下に埋設した地中熱交換器を私用して取り出します。そして、その熱を住宅の冷暖房などに適した温度に、ヒートポンプを用いて調整します。

地中熱は太陽のエネルギーが地熱に蓄積された熱エネルギーです。このエネルギーは連続して利用できるわけではなく、時間と共に少なくなっていきますが、適切に利用すれば通常のエアコンより多機能で効率的な熱供給システムが運用できます。

「さらに進化したマルチ機能型地中熱利用システム」マルチ機能型地中熱利用システムでは、冷暖房・除湿・融雪・給湯など、ひとつのシステムで様々な利用方法が可能です。